顔を整えるならボトックスエラ「安全な治療で効果を体験できる」

注意点を知ろう

顔を触る人

どこがポイントか

ボトックスエラ治療は副作用の心配が殆どなく、安全に行えるだけでなくダウンタイムを気にする必要もないため、手軽にエラを改善できる方法として注目されています。ただ実際にボトックスエラ注射を行いたい場合は、その治療法自体の注意点、気を付けるべきところを知っておく事も必要となって来ます。そもそもボトックスエラ注射は、ボツリヌス菌が作る成分を注射する事によって筋肉を委縮させ、気になるエラを改善し、小顔にする治療法です。メスを使った方法とは違う為、ダウンタイムの心配もなく、さらに注射の効果自体は3か月から半年程度継続されるため、1回行ったらもうそのままという訳でも有りません。その為、やり直しが利くという点も評価されており、手軽に行える美容法として日本はもとより世界各国で行われています。ただ、安全性が高いボトックスエラ治療ですが、より高い効果を期待したいのであれば定期的に注射をする必要があります。前述した様にその注射の1回あたりの効果は3か月から半年程度となっているので、効果がなくなる頃に再度注射をし、その効果を持続させなければならないからです。またその効果の持続する機関、さらに注射による効果の出方には個人差があるので誰でも同じ様に行って良いという訳ではありません。まずはその人の体質や効果の出方によって調整しながら注射を打つようにする、と言うのがボトックスエラ治療を行う上でのポイントになって来ます。また、注射を打つ時間自体は10分から30分程度となっており、それ程長時間かかるという訳ではありません。時間の差に関しては、その人の体質、さらにどれくらいの状態にしたいのかと言う事によっても変わってきます。また注射を打ったらそのまま自宅に戻る事が出来るのではなく、まずは1時間程病院で様子を見てからの帰宅となります。また効果自体は注射を打ったらすぐに出てくるわけではなく、大体3日程度経過してから徐々に変化が出て、約1週間程度経過すると顔に変化が有る事を実感できる物です。エラの部分の筋肉の張りも徐々に変化して行く為、急激に変化した時の様に周りの人に気づかれにくいというのもこの方法のメリットと言えます。また非常に副作用が少なく安全に行う事が出来る方法として有名ですが、注射した液の量によってはより高い効果が出てしまう可能性も全くないわけではありません。ただその様な異変がもし起きたとしても、薬剤の効果が消える頃には徐々に改善して行く為、それ程心配する必要はない物となっています。

Top