顔を整えるならボトックスエラ「安全な治療で効果を体験できる」

美容についての治療

カウンセリング

知っておきたい特徴

エラが張っている状態を改善擦る為の方法の一つとして現在人気が有る物がボトックス注射と呼ばれる方法です。これはボツリヌス菌が作る成分を気になる部分に注射する事によって筋肉の動きをセーブする効果を期待し行う美容法です。元々は顔面の痙攣が止まらない時に痙攣を止めるという医療目的で利用されていましたが、現在は小顔効果を期待した施術でも利用される様になっています。もちろん薄めた状態で駐車をするので毒性を心配する必要はなく、日本はもとより世界各国で行われており、ボトックスエラ治療は現在の美容では当たり前に行われています。ただ、ヒアルロン酸の様にその成分が体内に吸収されてしまって、結局は元の状態に戻るわけではありませんが、ボトックスエラ注射も未来永劫その効果が継続されるわけではありません。基本的にはボトックス効果が消える頃に再度注射をして、その効果を継続させる必要が出て来ます。その期間は大体3か月から半年程度となっているので、効果の継続している状態等を良く見て、定期的に注射する様にすると小顔の状態を維持できる様になります。継続してボトックスエラ注射を行う事によって、徐々に筋肉が細くなって行く為、結果的に小顔の状態がより一層維持しやすくなるメリットも有ります。ただ、顔が大きいと悩んでいる人は少なくありませんが、実は大きく見える原因は一つではなく、複数存在しています。例えば、そもそも骨格が大きいので大きく見えてしまう場合も有れば、筋肉が張っているため大きく見えてしまう、さらに顔に脂肪がついているので大きく見えてしまう事も有ります。ボトックスエラ注射に関しては、エラ部分の筋肉が張ってしまったために顔が大きくなっている時に効果が期待できる方法です。だから、他の原因で顔が大きくなっている場合は骨を削ったり、脂肪吸引や脂肪溶解注射を利用したりしてアプローチする事も可能です。ボトックス注射自体は非常に安全性が高い治療法となっており、エラを治療する上でも良く選ばれる治療法となっています。さらに副作用の心配が少ない事や、万が一何らかの症状が出たとしても、薬の効果が消えていくにしたがって徐々に気にならなくなって行きます。また注射を打つだけで行う事が出来るだけでなく、ダウンタイム等も気にする必要がないので、手軽にエラ対策が出来るメリットもある方法です。勿論、急激な変化ではなく徐々に変化して行く為、注射を打った事自体を周りの人に気付かれてしまうという事もまず有りません。

Top